渋谷東急東横店

渋谷の東急東横店のレストラン改装を託された人は、大変な熱意の持ち主です。今でもお会いすると、当時入店を巡って、議論した思い出話しでひとときを過ごします。そうです、はじめは難しいと思っていました。まず、急な話でした。準備に数ヶ月しかありません。小松庵は職人あってですから、すぐに対応ができません。また、要求される品質にくらべ、お店の面積が足りません。しかも、そもそも渋谷は若者の街では? 等々…。しかし、そんなさまざまな不安や問題をその担当者は粘り強く解決していきました。その情熱にまず、社長がほだされOKしました。そのときは親子喧嘩です。しかし、一旦やるとなったら全員一丸です。ちょうど8 月頃だったので、店舗設計者は自分の夏休みを使って仕上げてくれました。職 人の方もほぼ連日、対応におわれました。さてなんとか開店。今にして思えば、本当に開店してよかったと思っています。
なにより渋谷のお客様が、はじめから現在に至るまで大変応援してくださいました。若者の街と思っていた渋谷の懐の深さを思いしらされました。

渋谷東急東横店

渋谷東急東横店